引越し情報決定版|引越しのトラブル体験談、業者の見積・料金など

引越しのトラブル体験談や業者の見積・料金などをまとめています

大阪から神戸へ引越し 観葉植物にはご注意を 【45歳 主婦】

      2016/03/25

45歳の主婦です。20年ほど前、独身の時に大阪から神戸に単身引越しした時の経験ですが、突如引越しが決まっ為、業者の見積りを行いました。年末とありまして、なかなか見積りにすら来ていただけない状況でした。仕方がありませんので引越し先をご紹介いただいた不動産会社に相談したところ、引越し業者さんをご紹介頂けることになりました。 

早速見積りに来ていただき、梱包はこちらで全て行うことをお話ししまして見積もっていただいた結果、6万円でした。予算は10万円でしたので、お願いすることに致しました。

引越し当日、時間は午後3時に約束していましたが、待てど暮らせど業者の方が来られません。携帯に連絡しましてもつながらず、結局4時前に電話があり、前の引っ越しが伸びてしまったため、今から向かいますとのことでした。今から向かいますって今どこですか?とお聞きしましたら奈良ですと普通におっしゃられました。奈良から大阪まで1時間はゆうにかかります。けれど、今日引越ししなければなりませんので、お待ちしていたところ、案の定5時半頃に来られました。

そこで驚いた事ですが、引越し業者の人は皆同じユニフォーム着られているイメージだったのですが、私服なんです。しかも一人はまだ二十歳になっていない感じの少年で、もう一人は体重が100kgはありそうな寒い年末に半袖で肩で息をしている巨漢の人、2人だけでした。

え~大丈夫ですか?と思いましたが、少年はフットワーク軽く階下に停めてあるトラックに次々と荷物を運び巨漢さんがトラック内で荷物の積み上げを行っていましたので、大丈夫そうかなと様子を見ていました。積み込み作業は1時間弱で済み、神戸の引越し先に向かいました。引越し先についたのは夜の8時前です。

それから荷下ろしにかかり始めましたがマンションの住民の方が帰宅される時間帯と重なっていたため、エレベーターがなかなか停められず、結局作業が終了しましたのが9時半をまわっていました。こんな時間に引っ越してくる人をまわりの人達は不気味に感じていないか気になりましたが、仕方ありません。

業者の人を見送った後、運び込まれた荷物を開けていく作業にかかろうとした時に部屋の中の荷物に違和感を感じました。何か変。と思った後に悲鳴です。とても気に入っていたコンシンネとゆう名前の高さが1.5m程の観葉植物が真ん中からぼっきり折れていました。大切に育ててきたのに無残な姿に。搬入時に気が付いていたら業者さんに文句が言えたものの、その時は気が付かなかったので今更言えることもなく泣く泣く折れたところから切断いたしました。

他の荷物も大丈夫か気になったので確認しましたら段ボールは角がほとんどへこんでいましたし、ほかの観葉植物も葉っぱが傷だらけになっていました。遅れるだけでなく、このありさま。引越しはやはり、きちんとした引越し業者さんに絶対に頼まなくてはならないと確信いたしました。

まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - トラブル , , ,